投資実績

【2021年8月】個別株・投資信託・つみたてNISAの運用実績

結論

資産総額: 37,271,456円

うち株式・投資信託による含み益 = 10,357,050円

わがやの状況

年代30台後半夫婦
家族構成4人家族(長女4歳、長男1歳)
仕事夫(サラリーマン)、妻(フリーランス)
賃貸
無し
奨学金第一種奨学金返済中(貸与総額105万円。残額38万円)
第二種奨学金繰り上げ償還済み(貸与総額 276万円)

運用方針

運用方針詳細は下記にまとめました。

各項目の説明

1.預金・現金・暗号資産

8月は、日本株を売り、現金比率を200万円⇒540万円に上げました。

我が家は、妻の収入は妻の口座で貯金しており、私の家計とは完全に別で管理しています。

妻はほとんど投資していないので、私は思い切って投資するようにしていました。

以前は、妻の方の貯金もあるしと思って、めいっぱい投資していたのですが、最近、妻が会社員からフリーランスに転向したため、収入が以前より不安定になりました。

そのため、今回、現金比率を見直し、現金は以前より厚めに持つことにしました。

2.株式(現物)

個別株として、株主優待が貰える日本株を保有していましたが、今回、株主優待を期待して買った株は全て売却しました。

株主優待を期待して株を保有するのをやめた理由は、優待券を使うために出かけるのが面倒になったからとか、優待券より現金(配当金)が欲しいから、など、いろいろ理由があるのですが、

最大の理由は株主優待を突然やめる会社があるからです。

出前館のことだぞ!!

出前館は、優待利回りが 4%以上と、結構お気に入りの銘柄だったのですが、2021年8月19日に、突然、株主優待の廃止を発表しました。

勝手に株主優待やめるなんて、ふざけんな!と思いましたが、本来、おまけ程度の位置づけである株主優待は、やるのもやめるのも会社側の勝手。文句は言えません。

株主優待というおまけにつられて、株を買ってしまった私が悪いのだと思いなおしました。

私は、優待目当てで株を買うのは、もう辞めることにします。

いい勉強になりました!

3.投資信託

わたしの資産は90%程度が投資信託です。

内訳は以下の通り。(下記はアセットアロケーション分析ツール「ピザロ!!」で作成しています)

私の保有する投資信託は、ほぼ “emaxis slim 先進国株式インデックス” です。

MSCI コクサイインデックスに連動する emaxis slim 先進国株式インデックス は、構成の7割が米国株なので、自然と米国比率が高くなっています。

私が、先進国株式インデックスを主に買っている理由はこちら↓ ↓ ↓

4. 債券・ポイント・マイル

債券:保有していません。

ポイント・マイル:楽天ポイントとPontaポイントの合計です。

わたし

マネーフォワードMEなら、ポイントも資産一覧に表示してくれるので、期間限定ポイントなどの使い忘れが防ぎやすいですよ!

マネーフォワードの詳細はこちら↓↓↓

今月の反省・来月の目標

今月の反省

先月に引き続き、含み益は1000万円をキープしています。

今月は、個別株を売って現金比率を上げるなど、いろいろと調整を行いました。

8月末は、毎年恒例のジャクソンホール会議が行われる予定で、今後のテーパリングについて、何か進展があるかもしれないことからも、いったん頭を冷やして、現金比率を上げておきました。

わたし

現金があれば、いざというとき心強いですからね!

来月の目標

私の場合、個別株はほとんどやらないか、やってもリスク資産の1割しかしないと決めており、ほとんどインデックス投資しかしていないので、投資で大きく儲けることは難しいです。

やはり、基本通り、収入を上げて支出を減らし、入金力を高めていきたいと思います。

わたし

頑張っていきましょう!

\記事が気に入ったらフォローしてね!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA