投資方針・実績

インデックス投資中に暴落しても狼狽売りしない方法4選

この記事では

2019年に投資を始め、全財産の9割を株式インデックスに突っ込んだ状況でコロナショックに遭遇した私が、どんな精神状態になったか、どうやって狼狽売りを防いだかを解説します!

この記事を書いているのはこんな人
  • 30代会社員
  • 3200万円を株式で運用中。2021年7月時点の、含み益は約1000万円。
  • 節約し浮いたお金をインデックス株式に黙々と積み立てるスタイル。
  • 2019年に投資を始め、直後にコロナショックに遭遇

まずは結論から

暴落しても狼狽売りしない方法

  • 方法1. 携帯の証券口座のアプリを消す
  • 方法2.アメリカ人の力を信じる
  • 方法3.インデックス投資仲間と交流する
  • 方法4.趣味・仕事に打ち込む
わたし

1つずつ詳細を解説しますね!

コロナショック前後の資産の推移と私の心理

コロナショック前後の資産の推移

含み益・含み損
コロナショック前(2020年2月ころ)プラス300万円
コロナショック中(2020年3月ころ) マイナス600万円
コロナショック後(2021年8月現在)プラス1000万円
わたし

コロナショック遭遇時、プラス300万円からマイナス600万円に転落しました!

暴落時の私の心理

初めての暴落でプラス300万円⇒マイナス600万円に転落したので、かなりうろたえました。

わたし

コロナ感染の恐怖と、資産がどんどん減っていく恐怖を同時に味わいました!

今でこそ、コロナ前の水準まで回復していますが、暴落時点では、どこまで株価が下落するのか、まったく予想がつかず、いつ下落が止まるのかもさっぱり分かりませんでした。

特に今回は、感染症の世界的蔓延で株価が暴落するという、まったく予想外の暴落の仕方だったため、誰にも影響が予測できず、コロナショックは100年に一度と言われた2008年の世界金融危機よりも、ひどい暴落になるとの予測もありました。

わたし

「すごい時期に投資を始めてしまった!」と後悔しました・・・

暴落しても、淡々と積み立てを続ければ、いつか株価が回復してくれると、信じて始めたインデックス投資でしたが、実際に暴落に遭遇すると、精神的・身体的にかなり悪影響がありました。

具体的には、

  • (私のアセットアロケーションの大きな部分を占める)米国市場の動向が気になって寝不足になる
  • 証券口座を確認するたびに減っていく資産を見て、吐き気を催す
  • ハラハラして、仕事に手がつかなくなる

わたし

暴落前に、かなり含み益が出ていたので、調子に乗って追加投資しすぎました・・・

私はどうやって狼狽売りを防いだか?

かなり暴落で参った私ですが、狼狽売りをすることはなんとか防げました。

具体的に狼狽売りをしないために取ったアクションを紹介します。

方法1.携帯の証券口座のアプリを消す

当時、私は、株価が気になり過ぎて、携帯を手にとっては証券口座を確認していました。

わたし

私がいくら祈ったところ、株価には影響しないんですけどね・・・

そこで、後述する、インデックス投資の先達からのアドバイスで、携帯の証券口座のアプリや、PCのブックマークから証券口座を消しました。

これにより、証券口座を確認したくても出来ない状態になり、見るたびにガッカリする含み損を目にしなくて済むようになりました。

ちなみに、アプリを消したからといって積み立てをやめたわけではなく、暴落中も暴落前と同じ金額で積み立てを続けていました。

値動きが見えないので

「昨日より少し回復したから、今のうちにちょっと売っちゃおうかな・・・」といった小賢しいことを考えることが出来なくなり、そのうち、値動きがどうでもよくなってきました。

わたし

「証券口座を確認できないようにする」のは精神衛生上、オススメです!

方法2. アメリカ人の力を信じる

欧米、特にアメリカは金融資産の株式・投資信託を占める割合が日本よりはるかに高いことが知られています。

上の金融庁の資料によると、家計の株式・投資信託の割合は、

米国:46.2%、英国:37.5%、日本:18.6%

となっていますね。

つまり、今回の株価の暴落で資産を減らすのは資産を株に突っ込んでいるアメリカ人で、暴落が長引けば、多くのアメリカ人が私よりずっと困るはずです。

また、資本主義はアメリカの根幹を為すので、経済停滞が長引けば、国が不安定になりますから、アメリカ政府は経済対策に死ぬ気で対策を打つはずです。

わたし

経済が右肩上がりにならなければ、アメリカが成り立たなくなる。

私の祈禱力はあてにならないけど、アメリカ政府が死ぬ気で頑張るから、きっと大丈夫!

方法3. インデックス投資仲間と交流する

私は、リベ大のコミュニティサイト(今のリベシティ)に所属しており、私と同じような投資方針を取っているインデックス投資家の先輩方とオンラインで交流することが出来ました。

わたし

リベ大・リベシティのメンバーは層が幅広いですが、凄い人は本当に凄いです!

暴落中、インデックス投資の先輩方は、

インデックス投資上級者

暴落はむしろ買い場。

インデックス投資上級者

暴落で仕込めば、将来大きく膨らむからとても楽しい。

インデックス投資上級者

20年くらい寝かせるのだから、いま暴落したところで全然問題ない。

と余裕の態度でした。

わたし

ベテランのインデックス投資仲間と交流するのは、勇気が貰えます!

方法4. 趣味・仕事に打ち込む

暴落中、私が祈ったところで、株価は回復しないし、心配してもしょうがありません。

割り切って、別のことに集中しましょう!

趣味や仕事に集中しているうちに、含み損を抱えていることがだんだん気にならなくなってきます。

わたし

真面目に仕事したら給料も上がったので、ちょうどよかったです!

おわりに

コロナ中も、狼狽売りせず、積み立てを継続できたおかげでわたしは、資産を大きく増やすことが出来ました。

暴落中に、売ってしまうのは本当にもったいないですよ!

わたし

一緒に頑張りましょう!

\記事が気に入ったらフォローしてね!/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA